1. トップ
  2. お役立ち情報
  3. web動画マーケティングについて
  4. 動画で広告を行うメリット

動画で広告を行うメリット

動画で広告を行うメリット

Date:2014-04-30

PPC、ディスプレイネットワーク、純広告など様々な形式があるWEB広告。目的やターゲットユーザーによって最適な広告形式を選択する必要があります。

そのなかでリッチコンテンツにあたる動画広告には多くのメリットがあります。
今回は動画広告についてご紹介します。

動画というだけで、すごい!というイメージを?!

PPC広告やディスプレイネットワーク広告のようなテキスト・静止画広告は、中小企業を含めた各社が実施してので競合性は高く、ユーザーは見慣れてしまっている傾向にあります。

それに対して動画広告は、中~大企業が行っていることが多く、動画制作にはコストがかかることから、動画広告を配信しているだけで、ユーザーに「力を入れている」というイメージを与えることができるようです。

クオリティの高い動画は、ユーザーを惹きつけることができ、商品の魅力をわかりやすく動画で伝えることができるため、販促として高い効果が見込めるでしょう。

認知度があがる!

動画広告を配信している企業は、テキストや静止画像での広告配信をしている企業よりも少なので、動画広告はテキスト広告よりも目立つ(認知されやすい)と考えられます。

また、動画広告は企業イメージやブランドイメージを盛り込みやすく、プロモーション効果が見込めます。動画であれば、音やエフェクトによってより強く企業イメージを植えつけることができ、豪華な演出を行えることもメリットといえるでしょう。

通常の広告と違うユーザーが獲得できる!

動画広告を行った商材・サービスにもともと興味がなかった方が、たまたま動画を目にして興味が沸くことがあります。そのため、動画広告は新規顧客へのアプローチ効果が見込めます。

また、当然もともと商材・サービスに興味があるユーザーに対しても、利便性や特徴をより興味を引くかたちでわかりやすくアプローチすることができます。

コンテンツの充実を図れる!

動画広告を自社サイトやECサイトの商品ページに設置することで、そのページを訪れたネットユーザーの満足度を向上させることができます。コンバージョン率、ひいてはCPAを改善するために、非常に効果的な側面があります。

商品説明を行うためだけに動画を制作することは、費用対効果を考えると決断しにくいかもしれませんが、ユーザーエクスペリエンスの向上とリッチ広告の実施という二つの目的があれば、動画の制作に踏み切りやすいと思います。

ネット接続速度が高速化した現代では、スマートフォンでも問題なく動画を閲覧できます。今後は動画を利用したリッチコンテンツ実装が一般的になることが予想されます。そのため、今のうちに動画広告のノウハウを蓄積することをおすすめします。

今はまだ敷居が高く感じるかもしれません。しかし、だからこそ動画広告を配信することで、他社との差別化を図ることが可能だといえます。

Copyright © BEKKOAME INTERNET All Rights Reserved.