1. トップ
  2. お役立ち情報
  3. web動画マーケティングについて
  4. 中小企業こそ動画を利用すべき

中小企業こそ動画を利用すべき

中小企業こそ動画を利用すべき

Date:2014-12-15

動画で情報提供するというは大企業やマスコミ、芸能事務所が行うものだと印象を持つ方もいるのではないでしょうか。動画による情報発信は、今や中小企業にも利用されています。

そこで今回は、中小企業の動画利用について、ご紹介します。


動画は身近で手軽な情報ツール

動画を見る環境はパソコンだけでなく、スマートフォンなどのモバイル端末にも広がっています。これはスマートフォンやタブレットの普及と通信環境の高速化や、データ通信料の定額化が一般的になったことが、理由として考えられます。

つまり、身近で手軽に動画を視る機会が多くなっていることを意味します。あわせてSNSの普及により、インターネットを通じて多くの人に拡散して動画を視聴してもらえる環境が、今では確立しています。

モバイル環境での視聴数と反比例して制作コストは低価格傾向へ

パソコンのOSに標準で映像編集ソフトが付属されていたり、スマートフォンで高画質な映像が撮影可能、特殊編集さえもできる時代になりました。

外注することなく、企業の担当者が動画を作ることも可能になりました。仮に外注するにしても、低価格で制作出来る業者が増えており、昔のような高額なコストを心配する必要はなくなっています。

イメージし易く、かつ情報量が多い動画は注目率の高いツール

テキストや画像より、動画は人に多くの情報を伝えることが可能です。日常に近く五感における「視」と「聴」に訴えることが、その理由だと言えます。

テキストや画像より、動画は提供できる情報量が多いので、立体的なイメージを提供でき、視聴者が実物をイメージし易いということは、商品やサービスの訴求力アップに繋がることは言うまでもありません。

また、カタログ冊子などの資料を作ったりするよりも「工数が少なくなる」ことから、まさに動画は人手が少ない中小企業向けの情報発信ツールと言えるでしょう。

企業が発信する動画であるということを意識しましょう

簡単に動画が作れるとはいえ、企業が動画で情報発信をするということは最低限のクオリティとマナー、そして動画によって得たい効果も意識して制作することが重要です。

クオリティの低い動画がたくさんの人に視聴されてしまうことで企業の価値が下がる危険もあります。また伝えたいポイントがズレていると、例えたくさんの方に視聴してもらったとしても、企業が動画によって得たかった効果がまったく得られない事態に陥るのです。

「誰に視てもらいたいか」「何を伝えたいか」「どういう効果を得たいのか」とうコンセプトをしっかり企画してから動画を制作する必要があるのです。

情報発信を行う環境が広がったことで、動画を情報配信ツールとして上手に使うことは有効な手段となっていきます。これを機に、動画を使った情報発信を始めてみてはいががでしょうか。

Copyright © BEKKOAME INTERNET All Rights Reserved.