1. トップ
  2. お役立ち情報
  3. web動画マーケティングについて
  4. 飲食店の動画作成を行う際に抑えておくべきポイント

飲食店の動画作成を行う際に抑えておくべきポイント

飲食店の動画作成を行う際に抑えておくべきポイント

Date:2014-06-15

飲食店の紹介で動画を活用することは、料理から立ち上る湯気や素材の艶など、写真や文章だけでは伝えにくかった魅力を的確に伝えることに役立ちます。今回は、料理をよりおいしそうに見せ、店舗の信頼感もアップする飲食店紹介動画のポイントをご紹介します。

撮影時のポイント

飲食店の動画では、魅力的に料理を撮影することが重要です。難しいと思われがちな料理の撮影ですが、いくつかのポイントに注意すればぐっと魅力的な映像が撮影できるようになります。

1.三脚を使用する

映像が手ブレを起こしていては、せっかくの動画も台無しです。撮影の際にはきちんと三脚を使い、手ぶれを防ぐ必要があります。三脚にはさまざまなタイプがありますが、室内での料理撮影ではそれほど大きいものは必要ありません。

また、必要に応じてテーブルの上に置くタイプの小型三脚を使うことも効果的です。

2.青白い照明を避ける

蛍光灯などの青白い光は、料理の魅力を落としてしまいます。食卓の照明にオレンジ系の電球が使われることからも分かるように、暖色系の明かりは料理を魅力的にします。

温かみのある照明の下で撮影することで、よりおいしそうに料理を撮影することができます。

3.光の方向を意識する

撮影の際には、光がどの方向からあたっているかを意識することも大切です。影がじゃまだと感じる場合や、思うように明るさを確保できない場合は光の方向を変える工夫をしてみるといいかもしれません。

また、必要に応じて複数の照明を利用することや、光を反射させる「レフ版」を使うことも有効でしょう。

4.反射や映り込みに注意する

透明なグラスに入ったドリンクや、白い食器に盛り付けた料理の場合、グラスや食器にライトの光が映り込んだり、反射したりするケースがよくあります。これでは見栄えがよくありませんから、撮影位置などを調整して映り込みを防ぐことが大切です。

商品の価値を伝えるには?

飲食店の動画において、商品の価値を伝えるために意識すべきことは、「料理をおいしそうに撮る」のひとことに尽きるかもしれません。

そのためには上記で紹介したような撮影のポイントに注意し、湯気やみずみずしさ、肉汁のあふれる感じ…といった「シズル感」が出るように意識することが大切です。

まるで目の前に料理があるかのようなシズル感あふれる動画を撮影できれば、それはとても強力な魅力となるはずです。

信用を伝えるには?

料理の魅力と並んで、店の信用を伝えることも飲食店の動画においては非常に重要です。調理前の食材や調理の様子、責任者やスタッフの姿といった店舗のバックグランドについても紹介する必要があります。

また、店舗の内観やお客さんが食事をしている様子などを紹介することも、ユーザーにとっては大きな安心感となるはずです。

飲食店の動画においては、料理そのものの魅力と安全性や信頼感といったその店舗の魅力の両方を上手に伝えることがポイントです。

Copyright © BEKKOAME INTERNET All Rights Reserved.