1. トップ
  2. お役立ち情報
  3. web動画マーケティングについて
  4. 企業がfacebookを使うメリット

企業がfacebookを使うメリット

facebookを企業が使うメリット

Date:2014-04-28

リアルタイムで新鮮な情報を発信する、「いいね!」を押してもらう、ファンとコメント機能を通じて交流するなど、facebookは多くの企業で活用されています。独自の画像やコンテンツを用意して効果的な集客を実現している事例もたくさんあります。

今回は、facebookを企業が活用するメリットをご案内します。

顧客との直接的なコミュニケーションが可能

昨今ではfacebookページを活用している企業は多いですが、そこにはどのようなメリットがあるのでしょうか。一番大きいメリットとしては、やはり「顧客との直接的なコミュニケーションが可能」という点ではないでしょうか。

一般的なホームページでは、企業側からの一方的な情報発信しかできませんが、facebookでは閲覧者に「いいね!」を押してもらったり、コメントをもらうことで、直接的なコミュニケーションをとることができます。

自社の商品やサービスをまだ利用したことのない人々にfacebookを介して興味を持ってもらえることは、見込み客の獲得につながります。また、facebookにはアンケート機能があるため、商品やサービスについての生の声を収集することも可能です。

すでに自社の商品やサービスを愛用している既存顧客に対して、簡単かつスピーディに告知ができることもメリットと言えます。

情報の拡散性が高い

顧客と直接やりとりするだけなら、従来の掲示板やチャットなどでも可能です。しかしfacebookがなぜここまで活用されているのかといえば、それは「情報の拡散性が高い」というメリットがあるからと言えます。

facebookでは、1人のユーザーに興味を持ってもらうと、そのユーザーをフォローしている人たちに情報が共有されます。実名登録が基本のfacebookでは、フォローしている相手の顔を知っている場合が多いと言われています。ある調査において、「知人からの情報がもっとも信頼がおける」というデータが出ています。そのため、facebookを介しての情報は、広告よりも積極的に見てもらえる可能性が高いというわけです。

このように信頼性の高い情報として多くの人に拡散されることは、facebookならではの大きなメリットと言えます。

ファンからヒントが得られることも!

facebookページを運用することによって「顧客の生の声からヒントを得られる」というメリットも見逃せません。ファンからの反応やコメントをもらうことで、自社の商品やサービスについてどのようなイメージをもたれているのかが分かります。

ファンからのリアクションをひとつひとつ大事に受け止めていけば、次なる商品企画・サービスの質を高めることに活用できます。


facebookを企業が導入するメリットは他にも「企業イメージを高められる」「情報を端的に分かりやすく、かつ無料で配信できる」など多数あります。まだ導入していない企業は、導入を検討することをおすすめします。

Copyright © BEKKOAME INTERNET All Rights Reserved.