1. トップ
  2. お役立ち情報
  3. web動画マーケティングについて
  4. 製造業、小売業が工場での製造工程を動画にするメリット

製造業、小売業が工場での製造工程を動画にするメリット

製造業、小売業が工場での製造工程を動画にするメリット

Date:2014-06-30

製造業や小売業の工場の様子を、実際に商品を利用しているユーザーが知る機会は少ないですが、いつも使っている製品がどのように作られているかということに対し、興味関心を持つユーザーはいるはずです。

製造工程を動画で伝えることは、ユーザーの安心感につながり、企業のファンを増やす効果も期待できます。

また、取引先の企業に製造工程を具体的に伝えることが、企業からの信頼感や安心感つながるはずです。

こういった効果をはじめとした、製造業においての動画配信のメリットについてご紹介します。

安心感、信頼を与えることができる

製造工程を動画によって「見える化」することで、クライアントや一般ユーザー対して安心感、信頼を与えることができます。最近はずさんな環境で商品が作られて後からトラブルになるケースや、生産地や製造方法を虚偽表示するトラブルも増えています。

きちんと管理された環境で商品が製造されていることを動画で見ることができれば、そういったトラブルへの不安を払拭することができるはずです。

安心感や信頼感は、企業にとってとても重要なことです。動画というリアルで臨場感のある方法で製造工程を伝えることで、それらをきちんと伝えることが可能になります。

工場見学の需要に応える

また、近年は工場見学がブームとなっており、さまざまな工場を紹介するテレビ番組も増えています。かつては工場見学というと、小学生の社会科見学の定番コースでしたが、最近は社会人を対象に工場見学を実施する企業も増えており、製造工程を見たいという需要は多くなっています。

実際に工場見学を実施するためには、さまざまな準備が必要となり、簡単にできることではありません。工場内に外部の見学者を入れるためには安全性の確保や衛生管理が必要となり、そこで働く従業員の作業効率にも影響する可能性があります。

しかし、製造工程を動画で撮影してそれを公開するのであれば、一度の撮影だけで済むため、ハードル低く紹介することができます。工場のことを良く知る社員が撮影を行えば安全性の問題もクリアすることができるでしょう

社内での知識の共有

また、製造工程を動画にすることは、外部への情報提供だけでなく社内での情報共有にも役立ちます。製造に携わらない社員などに 製造現場を見てもらうことによって、統一された知識や意識を共有することが可能になります。

たとえば、営業社員に工場の様子を詳しく知ってもらうことは、営業をよりスムーズにすることにつながるはずです。営業社員が製造工程を具体的に知っておけば、営業先での質問にも素早く具体的に答えることができるでしょう。

社員同士がお互いの仕事をきちんと知ることは、社内のチームワーク向上にも役立つはずです。工場での製造工程を動画にすることで、社内外への情報提供と魅力のアピールを実現することが可能になるのです。

Copyright © BEKKOAME INTERNET All Rights Reserved.