動画配信のメリット

動画配信のメリット

Date:2014-04-28

現在、さまざまな企業で、商品・サービス紹介、講演会やセミナーなどの動画コンテンツが配信されています。ではなぜ皆、動画配信という方法を選ぶのでしょうか。

今回は、コンテンツを配信する側にとっての動画配信のメリットをご案内します。

動画配信の一番大きなメリット

「百聞は一見にしかず」ということわざもあるように、あらゆるものは、ただ単に文字や話し言葉での情報提供よりも、実物を見て、聞いて、実際に触れてもらうほうが相手に多くの情報を伝えることができます。

動画配信の一番のメリットは、やはりこの情報伝達力の面で非常に優れている点にあるといえます。例えば、写真と比べて、動画はその場の空気感をリアルに伝えることができます。また、商品であれば、使い方や商品のリアルな動きなどが一目で分かります。

この点において、動画配信は宣伝に非常に適しているといえます。テレビCMのように、ユーザーの購買意欲を直接かきたてることも可能です。

動画配信の技術的なメリット

現在、動画配信の方式として主流になっているストリーミング配信は、ユーザーを待たせることなく、見たいときに見たい部分を繰り返し再生して視聴できます。

コンテンツを配信する側は、あらかじめ作成した動画データをサーバーにアップロードしておくだけでよいので手間がかかりません。また、ライブ配信として各種イベントやセミナーなどの生中継も可能です。

遠方でその場に足を運べないという人が、パソコンとインターネット回線を介してその場に参加しているかのような臨場感を味わうことができます。

また、ユーザーが受信した動画データはパソコン上に保存されずに再生されるため、違法コピーなどを防ぐことができます。最新のファイルをサーバーにアップロードすることで、最新データをユーザーが視聴できるのも大きなメリットといえます。

動画配信はこんな風に活用されている!

動画配信は多くの企業に強力な営業・広報ツールとして活用されています。例えば、商品やサービス紹介の動画を作り、展示会やリリース発表会などと合わせて配信するという活用方法があります。

また、商品紹介動画はインターネット通販サイトなどでも大いに活用できます。他にも、テレビCMのメイキング動画をWEBサイトで配信したり、講演会やセミナー、イベントなどの生中継をライブ配信したりといった活用事例もあります。

教育分野の活用事例としては、学習塾などで授業動画配信をしており、講義を欠席した学生たちに重宝されているようです。自宅学習が可能なe-ラーニングにおいても講座の動画配信を活用しているケースもあります。


これらのさまざまな事例からユーザーが知りたい情報をリアルタイムで、分かりやすく伝えることができる動画配信には様々なメリットがあると言えます。

ストリーミング配信は何に活用されている?

ストリーミング配信には、オンデマンド配信とライブ配信があります。

オンデマンド配信は、あらかじめアップされた音声や動画ファイルをユーザーが好きなときにアクセスして視聴することができる方式です。映画やアニメのプロモーション動画やCM、講座や研修動画、結婚式や披露宴・子どもの成長記録など、法人・個人を問わず活用されています。

ライブ配信は、リアルタイムでコンテンツが配信されます。音楽コンサートやスポーツの実況中継などに活用されています。

Copyright © BEKKOAME INTERNET All Rights Reserved.