1. トップ
  2. お役立ち情報
  3. web動画マーケティングについて
  4. 会社案内に関する動画コンテンツの使い方

会社案内に関する動画コンテンツの使い方

会社案内に関する動画コンテンツの使い方

Date:2014-08-29

ウェブサイトに掲載する会社案内は、新卒採用や株主、顧客へのアピールなど、自社のことを知ってもらうためにはとても重要なツールと言えます。多くの場合、サイト内に会社案内のページを設け、そこに文章や写真、グラフなどで会社情報を紹介しています。

しかし、あまり長い文章や細かいデータが多くなりすぎた内容では、最も言いたいことがうまく伝わらず、最後まで読んでもらえない可能性があります。そこで、伝えたいことをわかりやすく伝える手段として動画を活用することがとても有効となるのです。

動画での会社概要について

会社概要は、会社の外観や社内の様子を映像で紹介しながら、そこに文字やグラフ、表などを重ねるようにして会社の沿革などを紹介する方法がよく使われています。

過去の社内の様子や行われたイベントなどの写真が残っていれば、そういったものを入れるのも効果的かもしれません。

経営陣によるプレゼンで動画を利用する

経営陣の言葉をダイレクトに伝えることは、会社の方向性やビジョンを伝える上でとても重要で効果的です。経営陣がみずからの言葉で語る様子を映像で伝えればそれは見る人の心にも響きやすいはずです。

プレゼンの内容は1人ずつ話す形式でも良いですし、対談を取り入れても良いかもしれません。このような方法をとることで、会社の方針だけでなく、経営陣の人柄なども分かるので、よりその企業の魅力が伝わるようになるはずです。

スタッフによるプレゼンで動画を利用する

経営陣のプレゼンだけでなく、スタッフからのプレゼンやコメントなども入れると、より会社の雰囲気が伝わるようになるはずです。

スタッフによるプレゼンでは、幅広い年代や部署の人の声を取り入れるとより効果的でしょう。とくに新卒採用のための会社紹介の場合、ベテラン社員よりも、若手スタッフの声を多く取り入れることで、入社希望の学生がその会社に入社した後のイメージを描きやすくなるはずです。

施設や設備の紹介で動画を利用する

会社の施設や設備についても、映像で紹介するとよりわかりやすくなります。製造業であれば、工場の様子や導入されている機械などを紹介すると、具体的な業務がイメージしやすくなるのではないでしょうか。また、社内の食堂や会議室の様子を紹介することで、普段の会社の様子が伝わります。

年次報告書をわかりやすく伝える

会社の年次報告書をわかりやすく伝えるための手段としても、動画の活用はとても効果的です。

年次報告書などのデータは、ともすれば数字ばかりの単調なものになってしまいがちですが、動画を効果的に使ってグラフや図なども取り入れた報告を作成すれば、より内容が伝わりやすく、インパクトのあるものになるはずです。

動画による会社案内は、文字だけでは伝えきれない情報を盛り込むことが可能になり、会社の魅力がより伝わるものとなるはずです。BGMなども活用しながら、魅力的な動画制作を試みてはいかがでしょうか。

Copyright © BEKKOAME INTERNET All Rights Reserved.