1. トップ
  2. お役立ち情報
  3. web動画マーケティングについて
  4. 飲食店が動画を活用する主な用途

飲食店が動画を活用する主な用途

飲食店が動画を活用する主な用途

Date:2015-02-27

スマートフォンの普及と通信データ料金の定額化が定着するに伴い、Webサイトの動画を視聴することがより身近なものになってきました。音楽や映画といったエンターテインメント分野のみならず、企業が商品情報や記者会見等のイベント動画を公開するケースも多くなってきています。

今回は飲食店が動画を活用する場合の主な用途についてご紹介したいと思います。

飲食店の魅力を動画でアピールする

飲食店の多くが独自のWebサイトやブログで料理メニューや店舗の様子、店までのアクセスマップなどを画像で掲載していますが、動画を活用している店舗はまだまだ少ないようです。ですから動画で店舗を紹介することは競合店との差別化にもなり、内容が良ければ情報拡散効果も期待できるでしょう。

動画は写真よりもリアルな空気感を表現することができ、音声も含めた臨場感を伝えることが可能です。美味しそうな料理のしずる感や、迫力のある調理風景を伝えるのも良いですし、店舗レイアウトやインテリアの雰囲気の良さを伝えるのも良いでしょう。

動画によってお店のウリとなる部分を立体的にかつ音声を加えて視聴させることは、文字や画像では伝わらない強烈なインパクトを視聴者に与えます。

異なる店舗間での情報共有

顧客向けのみならず、インナー向けにも動画を活用することは大きなメリットがあります。
例えばフランチャイズ方式のお店では、サービスやプロモーションの統一を図ることに苦労するケースがあります。

そこでより細かい部分までリアルに伝えることができる動画を活用することで、料理方法や配膳方法、店舗の清掃・メンテナンス・POPなどをマニュアル化し、より現物に近いかたちでの情報共有を実現します。

従業員教育にも動画は効果的

接客マナーを初めとする従業員マニュアルも、テキストや画像で提供するより動画を見せる方が教育成果は高まるかもしれません。接客は体を動かし声に出して行うものですから、テキストや画像ではなく、動きや音声を確認できる動画の方が理解しやすく、身に付きやすいことは言うまでもありません。

Facbook広告での活用

料理やお店の雰囲気などの動画をFacebook広告と組み合わせて活用するケースが最近注目されています。

Facebookはソーシャルメディアであり、情報が口コミによって拡散するという特色がありますが、Facebook広告では、その店舗の商圏内に存在するお店に呼びたい属性のユーザーに絞って動画を見せることも可能にします。

Facebookでは利用者の住所や性別、年齢といった情報を管理者側が把握しています。さらにはGPS機能を連動させているユーザーは、そのユーザーがどこにいるかをも判別できます。これにより来店する可能性が高い潜在顧客や、来店して欲しい属性の顧客にのみ動画を視聴させることができるので、まさに効率的な広告と言えるでしょう。

最近のスマートフォンは動画を撮影するだけでなく高機能な編集も可能ですので、誰もが高額なコストをかけることなく魅力的な動画を制作することができるようになりました。あなたのお店でも今すぐ動画を活用してみてはいかがでしょうか?

Copyright © BEKKOAME INTERNET All Rights Reserved.