1. トップ
  2. お役立ち情報
  3. web動画マーケティングについて
  4. 人を呼び込むためのSMO対策

人を呼び込むためのSMO対策

人を呼び込むためのSMO対策

Date:2015-02-27

インターネット上におけるマーケティング効果を高めるために、昨今では「SMO対策」が求められるようになりつつあります。そこで今回はあなたのWebサイトの視聴者を呼び込むためのSMO対策についてご紹介したいと思います。

SMOとは?

SMOは「Social Media Optimization」の略称であり「ソーシャルメディア最適化」という意味になります。これは多くのネットユーザーが利用している「SNS」といわれるソーシャルメディアでの認知度や好感度を高めて、自社サイトへのアクセスを増やし評価を向上させるための考え方です。

近年SNSの利用者割合が飛躍的に伸び、そこから発生する口コミ、流入の効果が無視できない規模となってきたことから、SMOへの注目度が急速に高まってきたのです。

SMOはファンを作り上げる施策

SMO対策をとることによる効果は、サイトへのアクセス数を増やすだけでなく、評判を高めて「ファン」を作り上げられることが大きな特徴です。例えばFacebookでは「いいね!」を押してもらうなどアクションを促すことができ、そのユーザー向けに継続的にコンテンツを発信したり、拡散によりさらなるユーザーが獲得できたりといった効果も期待できます。

これからも面白い内容を発信してくれると期待しファンになってくれたユーザーは、何回もWebサイトを訪れてくれるはずです。そしてSNS上であれば、ユーザーと発信者側の双方向のコミュニケーションをとることも簡単にできてしまいます。

SMO対策でしなければならないこととは?

SMO対策では主に3つの対策が必要とされています。1つはサイトへのアクセスを向上させるための改善をすること、2つめはサイトに魅力的なコンテンツを掲載すること、そして3つめはユーザーとのコミュニケーションを図ることです。

サイトへのアクセス向上のためには「サイトへのリンクを容易にする」「ブックマークやタグ付を容易にする」「外部サイト(SNSサイト)との連携を容易にする」などの対策があげられます。

魅力的なコンテンツを掲載する一例としては、画像や動画といった視覚的にもわかりやすく楽しめるコンテンツを掲載することです。またその内容も、SNSでユーザー同士が情報交換したくなるようなもの、共有したくなるものを用意する必要があります。

ユーザーとのコミュニケーションを図るためには、大手SNSにアカウントを持ち、積極的な情報発信やユーザーからの投稿や質問に迅速かつ適切に答えていくことがその第一歩になるでしょう。

SMO対策は定期的な効果検証も必要

SMO対策をしていてもその効果が上がらなければ意味はありません。よって定期的にその効果を検証して結果に応じて対策を改善していく必要があります。

具体的には「サイトのアクセス数の遷移」は当然のこととして、「SNSからのトラフィック数の変化」「SNSアカウントページのアクセス数や拡散傾向」といったデータについての変遷も定期的に検証します。

これらの検証を容易に行えるアクセス解析ツールが数多く提供されているので、それらを利用するのも一つの方法です。

スマートフォンの普及により、SNSがこれまでのマスメディア以上に接触頻度や影響力を高めているのは紛れもない事実です。適切なSMO対策をとることはこれからの時代を生き抜くために必須の戦略ともいえるでしょう。

Copyright © BEKKOAME INTERNET All Rights Reserved.