1. トップ
  2. お役立ち情報
  3. ストリーミング動画配信について
  4. ストリーミング配信はどのような形式が可能か

ストリーミング配信はどのような形式が可能か

ストリーミング配信はどのような形式が可能か

Date:2014-04-15

ダウンロード配信と比べてメリットがあり、多数のユーザーに向けて配信することに適しているため、最近では様々なポータルサイトに導入されているストリーミング配信にいくつかの形式があることをご存じでしょうか。
今回はストリーミング配信の形式についてご紹介します。

オンデマンド配信

オンデマンド配信とは、動画データを予めサーバーにアップロードしておくことで、ユーザーが見たいときにいつでも動画を閲覧することが出来る配信方法です。ダウンロード配信と比較的似ている配信方法です。

ストリーミングサーバーからデータ配信を行う場合、ユーザーの任意で動画閲覧の開始や早送り、巻き戻しなどの操作を行うことができます。インターネットユーザーがイメージする動画配信サービスの中で、最も一般的なスタイルといえるでしょう。

サーバー上にアップロードした映像を配信するので、前もって動画を作りこむことができ、じっくりと時間を掛けて満足がいくまで編集や調整を行ってから、動画を配信することができます。

動画データを作成するためには、動画編集ソフトやキャプチャ・コーディングを行うソフトが必要になります。動画編集は膨大なメモリ容量を使用する作業ですが、昨今ではパソコンの高性能化が進み、ここ1~2年以内に発売された一般的なパソコンであれば、問題なく作業を行えるでしょう。

ストリーミング配信は映画や新商品などのティザー映像、自作したオリジナル動画などを配信することに適しています。

ライブ配信

ライブ配信とは、いわゆる「生放送」のことです。前述のオンデマンド配信と違い、撮影したものをその場でストリーミング配信用のデータに変換して生放送(ライブ配信)する配信方法です。

現在では、動画やラジオのような音声を配信できるサービスが各社から提供されており、インターネットユーザーに定着している配信方法といえるでしょう。サービスのWEB窓口、WEB上だけで行う学習塾、ロックバンドの中継など、その用途は多岐にわたります。

昔と違い、個人でも機材や環境を整えやすくなったため、やる気とアイデアさえあれば、今すぐにでも新しいサービスを生み出すことが可能です。

ただし、生放送なので、オンデマンド配信で動画を閲覧する時のように一時停止や早送り、巻き戻しなどの操作は行えません。

動画自体にも形式がある

配信アプリケーションにもいくつかの種類があり、それによって動画データの形式が異なります。

有名な動画データの形式はFlash、WindowsMedia、QuickTimeなどです。

ターゲットユーザーのパソコン環境や優先したい内容などに合わせて適切な配信アプリケーションと動画データの形式をセレクトしましょう。

Copyright © BEKKOAME INTERNET All Rights Reserved.