ライブ配信とは

ストリーミング配信方法。ライブ配信とは

Date:2014-04-15

ストリーミング配信方法の一つがライブ配信です。これを利用することで専門的な機材がなくても、WEBカメラ、パソコン、インターネットに接続できる環境があれば、動画や音声を生放送できます。

今回はライブ配信について、簡単にご紹介します。

通常のストリーミング配信は「オンデマンド配信」

前もって作成した動画データをサーバーにアップしておく配信方法を「オンデマンド配信」と呼びます。

オンデマンドとは“要求に応じて”という意味で、その名の通り閲覧者の要求(操作)に応じて動画を閲覧することができます。オンデマンド配信であれば一時停止や早送りなども閲覧者が操作することができます。

自宅もミニテレビ局になる?!ライブ配信!

ライブ配信とは、リアルタイムに動画を配信することです。いわゆる「生放送」のことです。

オンデマンド配信は事前に動画データを作成し、サーバーにアップしておかなければいけませんが、ライブ配信は事前に動画データを作成しておく必要はありません。配信したい動画をリアルタイムでストリーミング配信用のデータに変換することで、配信することが可能です。

動画を閲覧する側の環境はオンデマンド配信でもライブ配信でも変わりません。
ただし、オンデマンド配信とは違って、ライブ配信の場合は一時停止や早送りなどの操作ができません。

また、生放送なので、基本的にはオンデマンド配信のように後で動画を閲覧することができません。しかし、リアルタイムに動画を配信し、新鮮な情報を提供できることがライブ配信の大きなメリットといえます。道路交通インフォメーションやネットセミナー、コンサート、教育関連の配信に最適です。

コンサートや講演を自宅にいながら見ることができるなんて、便利な時代になりましたよね。

現在では、ライブ配信を行うサービスを利用すれば、パソコンやスマートフォンなどで誰でも簡単にライブ配信を行うことが可能です。いずれホログラムが実用化されれば、今の3D映像とは比べ物にならない臨場感でライブ配信を見ることができます。

たとえば、画面で見ていた可愛らしい子猫のライブ配信が、目の前にいるかのようなリアルさで見ることができるようになるのです。

双方向性の配信環境があれば、プロマジシャンのマジックショーなどの参加型イベントを自宅で体験することができるようになるでしょう。

Copyright © BEKKOAME INTERNET All Rights Reserved.