1. トップ
  2. お役立ち情報
  3. ストリーミング動画配信について
  4. ストリーミングが再生されない、再生できない理由

ストリーミングが再生されない、再生できない理由

ストリーミングが再生されない、再生できない理由

Date:2014-08-29

ストリーミング動画を楽しみたいと思ったのに、なぜか再生できない。このような時に自分で動画が再生できない原因を見つけられると便利ですよね。

ここでは、ストリーミングが再生されない、再生できない理由についてご紹介します。


WiFi の干渉によるネットワーク性能の劣化

ストリーミングが再生できない原因として最も多いのが、Wi-Fiが干渉を起こすことによるものです。マンションなどの集合住宅で近くの部屋で大量のWi-Fiデータ通信が行われると、それによって再生に障害が生じる場合があります。

「InSSIDer」などのアプリを使用して、Wi-Fiの干渉状態を確認しましょう。

プロバイダの混雑

次に多い原因が、プロバイダの混雑によるものです。混雑情報を知りたい場合、プロバイダが公表しているトラフィックから調べることができます。

アクセスが集中しすぎている

人気の動画などの場合、アクセスの集中が原因で再生できないケースも少なくありません。このような場合には、時間をおいて改めて再生を試みるといいでしょう。

また、ストリーミングサービスによっては、有料会員になることで混雑時でも優先的に再生できるようになるプランを用意している場合もあります。

形式にあったプレーヤーがインストールされていない

ストリーミング形式に対応したプレーヤーがパソコンにインストールされていないケースもよくあるものです。ストリーミング動画にはたくさんの種類があり、それぞれ再生可能なプレーヤーが決まっています。

再生しようとしている動画に対応したプレーヤーがインストールされていなければ、当然再生することはできません。また、プレーヤーのストリーミング再生の設定をすることで、問題を解決できる場合もあります。たとえばWindows media Playerでは、バッファーの値や通信速度を設定することが可能です。

プレーヤー、もしくはブラウザが最新のバージョンになっていない

プレーヤーがインストールされていても、そのバージョンが古いために再生できないというケースもあります。また、ブラウザのバージョンが古いことが原因でストリーミング動画が再生できないケースもあります。

プレーヤーに限らず、アプリケーションを最新のバージョンにすることはセキュリティ面や利便性の上でとても重要です。そのため、プレーヤーなどのアプリケーションやウェブブラウザは、つねに最新のものにしておきましょう。

ファイヤーウオールなどセキュリティで遮断されている

ファイヤーウオールなどに遮断されることで、ストリーミング動画が再生されないケースもあります。この場合、プレーヤーにHTTPプロトコルを利用することで再生が可能になることがあります。

ストリーミング動画が再生できない理由をひとつ一つ確認して、原因に対する改善を行い、快適にストリーミング動画の再生ができるようにしましょう。

Copyright © BEKKOAME INTERNET All Rights Reserved.